人気ブログランキング | 話題のタグを見る

忙しかった今日の一日

今日の仕事は、シャッターの外側と窓の洗浄クロッカス「ジャンヌ・ダルク」(おまけがひとつあり11球)の植込み、求めたばかりのバラ「モザリナ」をバラ専用の用土で植え付け、それから、愛車の洗車
いろいろと身近で動き回っていますが、血糖値が少し高いだけで、おかげさまで、疲れ知らずです。👍
でも、あと2年足らずで大台(傘寿)。トホホホホ・・・
 
久々、上野のゴッホ展が開催されている都立美術館を訪ねてみようかと思って、昨夜、そのサイトを見ると、予約が最終日まで、X印で埋まっていました。(残念!)
コロナ感染者が激減して、みな、動き出したようですね。
ゴッホの絵画は、上野ではしばしば、(一度は遠い昔、メトロポリタン美術館のゴッホ展でも)観て来ましたので、またの機会を楽しみにします。
 
オミクロン株が騒がれていますが、水際作戦が奏功するのを祈るばかりですね。
これだけ激減していて、日本では、ワクチン接種、マスク、消毒がすっかり定着・継続しているので、デルタ株のような猛威を振るうことはないだろうと思いますが、用心するに越したことはなし。
 
今日の名言:
 
病気は千もあるが、健康は一つしかない。 ルートヴィヒ・ベルネ(ドイツの作家、文芸評論家)
 
病気とは無縁のお若い方へ ゆめゆめ油断めされるな
 
俳句:
 
昼過ぎの やや頼もしき 冬日かな 岩田由美
 
藁頭巾 被りて頬染む 冬牡丹 功雪(しらこばと)
 
菰かぶりの牡丹 先日、埼玉・川口市安行の花と緑の振興センターにて撮影
忙しかった今日の一日_e0413146_19495611.jpg

# by shirakobato2 | 2021-12-05 20:17 | 掃除 | Comments(0)

シャコバサボテン咲く

シャコバサボテンが、まず一輪咲きました。
いつものように拘って、品種は、「ゴールドチャーム」。
ゴールド(金色)・・・ たしかに、それらしき色です。
シャコバサボテン咲く_e0413146_18462350.jpg
左上は、まだ咲いている紅いミニバラ、黄色は、室内の、元気が出る色のブラインド。(苦笑)
 
今日は、午後から、車で、ホームセンターと品揃えのいい少し高級なスーパーへ・・・
ホームセンターでは中くらいの大きさのバラの苗を求めましたが、その名は、なんと、「モナリザ」。さて、来春、どんな花が咲くのやら。
 
スーパーでは、来週来る予定の孫のためのお菓子と果物を探すもなにが気に入ってくれるのやら・・・
ふだん、買わないので迷いつつ、えびせん・じゃがりこ・ビスコ・いちご(もちろん、福岡の「あまおう」)・りんご(青森のサンふじ)・アボカドなどなど。食べ残したものは、お土産のつもり。(苦笑)
 
帰宅してからは、車は隣地に停めさせてもらって、例の高圧洗浄機で、カー・スペースのコンクリートを洗浄。
ついでに、カビや苔で汚れた石塀(大谷石?)も。
家の中はほぼきれいになり、これからしばらくは、外回りの洗浄です。
塀は、築30数年来の汚れがよく落ちました~ 新築家屋で売れる? そりゃないね。(笑)
 
今朝は、2年ぶりに都内の庭園を訪ねようか~と思って、念のため、サイトを見ると、前日までに予約が必要でした。
さて、明日はどうしようか・・・
いいのかどうか、いつも、閑人・自由人です。(苦笑)
 
今日の名言:
 
孤独の寂しさが人間の心を静かに燃やしてくれる。 前田夕暮(歌人)
 
俳句:
 
武蔵野は 青空がよし 十二月 細見綾子

# by shirakobato2 | 2021-12-04 19:49 | 園芸 | Comments(3)

小春日和の中

ウォーキングは、夏以来の習慣で(涼しくなる)夕刻にしていましたが、いま、当地では、日の入りの時刻は16時半頃で、すぐ暗くなるので、夕刻が慌ただしく感じます。
冬至(22日)よりも前に、来週あたりが1年中で一番早い日没かな。
 
そこで、今日も小春日和(寒冷地や、もう雪が降っている地方の方々には申し訳ないくらい)でしたので、筋トレでも、日中、汗ばむことはなくなり、昼食後、出かけました。
歩道と車道の境にある花壇の草取りをどなたかがやっていただいています。感謝!
下はJR武蔵野線なので、後ろは危険防止の壁です。
小春日和の中_e0413146_18022178.jpg
先日来、種を蒔いたポピーやキンセンカがいっぱい芽を出しているので、間引き苗を、そっと、花壇のいずれかの隅っこに植えようと思っています。
 
今日は、冠雪した富士が望めるかなと期待して上がりましたが、生憎、靄っていて見えませんでした。
昨宵の日没後の富士山です。雨がひと降りしたあとは、このように遠くまではっきり見渡せるのですが・・・ スマホで撮影
小春日和の中_e0413146_18131325.jpg
今日、陸橋の下で出合った花です。
アロエの花穂が立ち上がっていました。一番下が少しだけ開花、といっても、小さな口を開いていました。
小春日和の中_e0413146_18065748.jpg
サザンカはいまを盛りと咲き誇っていました。
小春日和の中_e0413146_18085714.jpg
小春日和の中_e0413146_18090737.jpg
紅葉は、武蔵野の小高いところはもう散っていますが、平地は、いまが見頃です。イロハモミジです。
小春日和の中_e0413146_18152480.jpg
帰ってきたところでタイミングよく、注文していたクロッカスの、その品種名もなんと、(カトリック教会における聖人でもある)ジャンヌ・ダルク(花は純潔の真っ白い花)が10球届きました。明日植えるつもり。
 
俳句:
 
富士すこし見ゆ町裏の 小六月 稲垣晚童 小六月=陰暦10月の異称、小春、小春日
 
何ごとも 無くて楽しき 日向ぼこ 功雪(しらこばと)

# by shirakobato2 | 2021-12-03 18:59 | 散歩 | Comments(1)

いつもの一日 & 韓国出張の思い出

昨日は、いつもきれいにされてお暮らしの皆さんには、関係ない記事を掲載して、失礼いたしました。
 
いまでは、こんな生活をしていますが・・・
かつて、30年ほど前には、韓国の三星〇〇(いまは、たしか、サムスングループの1社)という会社から依頼されて、工場の5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)、さらにもうひとつ、Saftyを加えて6Sを指導していたんですよ。(苦笑)
その三星(サムスン)がいまのような一大企業になるとは・・・です。
 
40代半ばにして、当時、たくさんいただいていた給与よりも、自分のやりたいことをしたいの一念で独立。妻も、「なんとかなるわよ。好きなことをしたら」と応援してくれました。
産業用コンピュータのシステム・エンジニアリングの株式会社を創立したばかりでした。
それはともかく、システム・エンジニアリングとは関係のない仕事を、とあることで、上記の工場から委託されました。
当時、韓国の工場は、品質向上のために、日本の工場を参考にしたい一心でした。
 
釜山の郊外にある工場へ行ったところ、広大な敷地のあちこちに、ブルーシートで覆われた、輸出品の富士通やNEC向けのCRTの不良品が野積みされていました。
CRT:Cathode Ray Tube。ブラウン管液晶ディスプレイが登場する前の表示装置。
そこで、工場見学をすると、CRTディスプレイの不良は1画面1ドットの有無が許容範囲の時代でしたが、それにしても、生産ラインのなんとも汚かったこと。
それから、足掛け2年、月1回、指導に韓国へ通いました。
皆さんが理解されて、きれいな工場になりそうなときまで通いました。
 
当時、システム・エンジニアの相場は1人・日、6~7万円でしたが、5万円でいいですかということで、移動日を含めて2泊3日で15万円いただいていたのを覚えています。航空券、空港・工場までの送迎、釜山では高級ホテルの宿泊代など込み込みでした。
 
飛行ルートは、数年前から変わっていますが、当時は、成田から北上して、那須上空あたりで、北アルプス上空へ向きを変えて、登頂された登山者の手を振る姿も見える高度で、それから、能登半島から日本海へ出るとすぐに釜山の金海国際空港へ降下していました。
 
今日も、筋トレ・ウォーキングをしながら、真っ青な夕空に富士飛行機を見つつ、懐かしく思い出したことでした。
 
写真は・・・
庭の、紅くなった千両の実です。実が上向きなので鳥さんも食べにくいらしく、花穂200本ほどが熟して、ほとんど残っています。ピラカンサも紅く染まっていますが、熟すまでは毒性があるので、それを知っている鳥さんは、まだ食べないままです。
手前のボケは、指ではありません。紅葉したイロハモミジ。
いつもの一日 & 韓国出張の思い出_e0413146_20044251.jpg
 
今日の名言:
 
自分を人と比較しない 比較はみじめな感情を呼ぶ。自分を人と比較する習慣はもうやめよう。 ジェリー・ミンチントン(米国の著述家)「心の持ち方」より
 
俳句:
 
銀杏落葉 金色小鳥 群れるごと 功雪(しらこばと)

# by shirakobato2 | 2021-12-02 20:21 | いろいろ | Comments(2)

大掃除

師走になりましたね。
年末の前に大掃除をしました。予定通り、1週間かけて、1階(2階はいまや空き部屋兼物置)は、気づいたところはほぼすべて完了。気分爽快です。
 
雑巾がけで、指の指紋が消えました~ 指紋認証、機能せず。(笑)
 
意外にも、日頃、いつも使っているものに埃や汚れがあることに気づきました。
たとえば、パソコンのキーボード、ディスプレイ、テレビのスクリーン、そして、それぞれの背面。また、各種リモコンなどなど。肝心な掃除機自体も。(苦笑)
(ガラス戸のない)本棚の本の後ろのスペースにも埃が・・・
 
大物のタンスも移動して、背面やその下の埃も。馬鹿力とちょっとした動かす要領の記憶もまだまだ残っていました。
日頃の筋トレのおかげか?腰痛もなし。👍
(いまなお6脚もある)椅子、籐かご、竹かごなどは、外に出して、夏に購入して、ときどき使っていたケルヒャーの高圧洗浄機で洗い流しました。
大掃除_e0413146_12461132.jpg
とにかく、水平な面には、埃は積もることをあらためて実感した次第。(笑)
 
発端は、(目の高さが低いからか?)ゴミを目敏く見つけて拾うという奇特な孫3歳(笑)が来るというので、目立つところだけでもと思って始めた掃除でしたが、とんでもない大仕事になりました。でも、おかげで、どこを見回しても、きれいきれいになりました。
おまけは、体重が2、3kg減少
 
記事掲載を休んでいる間に、世界の関心事は、変異株オミクロンですね。
株の名前はギリシャ文字で、α、β、γに続いて、いまはδ(デルタ)株が猛威を振るっているようですが、その後も、比較的弱い?8種類が登場して、今度は文字を2つ飛ばして、ο(オミクロン)株と命名されましたね。文字は15番目ですが、変異株としては13番目。
WHOが、飛ばした理由は、ν(Nu)は「new」と混同されやすく、ξ(xi)は「Xi」が習近平の姓と同じ英語表記だから?のようです。
コロナは、次々と変異するやっかいな敵ですね。名前はともかく、弱くて感染力が小さいことを願うばかり。
 
庭木や盆栽のモミジが紅葉し始めました。これは、苔玉のように、石は苔で覆われてしまっていますが、溶岩石鉢の盆栽もどき(苦笑)の枝垂れのイロハモミジです。実生で12年経ちます。
大掃除_e0413146_15595204.jpg
 
今日の名言:
 
自分なりの「カッコいい」を実践しよう 斎藤茂太(精神科医、随筆家) ”「心の掃除」の上手い人 下手な人”より

# by shirakobato2 | 2021-12-01 13:31 | 掃除 | Comments(6)