人気ブログランキング | 話題のタグを見る

筋トレウォーキング

跨線橋の修復で、歩道がきれいに舗装されて、先日から夕刻の筋トレウォーキングを再開しています。
筋トレウォーキング_e0413146_18131550.jpg
先日、久しぶりに上ると、天空の花壇は、エノコログサ(俗称:ネコジャラシ)が繁茂していました。
筋トレウォーキング_e0413146_18074017.jpg
引き抜かなければと思っていたところ、ありがたいことに、どなたかが抜いてくれていました。
花咲か爺にまた頑張っての応援と思って、もう少し、小さい草が残っているので、畑作をしていた頃の農具で、取り除いているところです。
筋トレウォーキング_e0413146_18131572.jpg
スロープの上がり口ではオヒシバも見つけました。子どもの頃、これで、草遊びをしていました。
筋トレウォーキング_e0413146_18131515.jpg
花壇には、また、ビオラを植えようと思って、タキイから3袋の種(全部で240粒、発芽率7割)を入手。秋蒔きで、9月中とのことで、ぎりぎりセーフです。
花期が、1月から6月頃までと長いので、再度、これにした次第です。
花の模様がシンプルな品種にしました。
品種名:F1ビビ エッセンス サン
写真は、タキイのネット上の画像を拝借。
筋トレウォーキング_e0413146_15473830.jpg
筋トレウォーキングで歩いた距離は、440kmほど。日本橋を出立したのは、昨年の1月下旬。1年と8か月。この間、3か月は修復工事で立ち入り禁止だったので、差し引くと1年5か月で、その中の晴れか曇りの日のみ。
最初の頃は、あえぎながら上り下りしていましたが、いまは大丈夫。おかげで、足・腰、異状なしで暮らせています。👍
 
これが、計測してくれるスマホの歩数計のアプリの画面です。
現在、東海道五十三次の五十一番目の宿、石部(滋賀県湖南市)に向かっているところです。
青く塗られているのは、琵琶湖。あとは、草津、(五十三番目の)大津の宿で、京師(京都のこと)の三条大橋は、起点の日本橋同様、宿に数えられていなくて、双六でいえば、上がりです。105.png
筋トレウォーキング_e0413146_17324050.jpg
 
今日の名言:
 
一足跳びに山の頂上にあがるのも、一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、結局は同じこと。むしろ一歩ずつ登るほうが途中の草木や風物を見ることができるし、一歩一歩を慥(たし)かめてきたという自信をつかむことができる。
山本 周五郎

# by shirakobato2 | 2022-09-30 18:46 | 散歩

秋日和

皆さんのような斬新な記事は書けなくなりましたので、ボチボチ更新いたします。
大相撲が大好きなのですが、昨日は、玉鷲が37歳10か月の最年長優勝でしたね。おめでたい。👍
 
秋日和になったところで、植木の剪定や草むしりをしました。
 
秋バラも終わりかけて、もう大きな花は咲きそうもないので、草丈半分ほどに剪定しました。1月頃には、2つか3つの芽が出そうな高さまで切り詰めます。
ミニバラもこの花で終わりです。グリーンアイスです。
ひとつの花が、淡いピンク、白、淡い緑と変化します。
秋日和_e0413146_18033534.jpg
大輪のバラの鉢には、スミレが同居していますが、スミレの葉が食草のツマグロヒョウモンの幼虫を10頭ほど見つけました。
ツマグロヒョウモンの♀が、いまもまだ、産卵に来ています。翅を閉じたところで、そーっと捕まえて観察。羽化後、間もないようで、きれいな翅でしたが、すぐに、代を重ねるという、けなげさ。離しても、遠くへは行かず、舞い戻って、産卵していました。
 
幼虫は、このように(葉の左上のように)葉の端の方から、まるでカンナで削るように上手に食べます。緑色のかたまりは糞です。なお、揚羽蝶がミカンの葉を食べるときは音が聞こえますが、こちらは、静かにそっとです。
秋日和_e0413146_18033532.jpg
大きな鉢で育っているシソも、小さく縮んだ葉ばかりになってきました。そして、花が咲き始めました。毎年、こぼれ種から育ち、手間要らずで、大葉は買わずに済みます。
秋日和_e0413146_18033530.jpg
玄関先のピラカンサの実が色づいてきました。この木やヤツデからは、カネタタキのチンチンチンと聞こえる鳴き声が聞こえてきます。
秋日和_e0413146_18033514.jpg
 
俳句:
 
鉦叩 風に消されて あと打たず 阿部みどり女
ひとり臥て ちちろと闇を おなじうす 桂信子 ちちろ=コオロギ
 
風の音 籠の鈴虫 逝きにけり 功雪(しらこばと) 以前、詠んだ拙句です。

# by shirakobato2 | 2022-09-25 19:06 | 園芸

チューリップ(球根)届く

今年は、いつもより早く、チューリップの球根を注文していました。今朝届きました。
今月上旬、おせちのダイレクトメールがもう届いたと笑いましたが、チューリップが咲くのはもっと先。105.png
これは、気が早くないと、ほしい品種がすぐに品切れになるんです。
昨年求め損ねたハッピージェネレーションを入手できました。いつも注文する富山県花卉球根農業協同組合では、人気があり、売れ過ぎたのか、作付け減により販売中止となっていたので、今回は、3品種を別のところに注文。
チューリップ(球根)届く_e0413146_15013563.jpg
一応、右から、歌にある通り、あか しろ きいろで、15球。
あかは桃太郎、きいろは黃小町です。
上記の農業協同組合の今年の皇室献上品種(6品種)の中に含まれています。献上品種は、新宿御苑にも植えられます。
八重桜が咲く頃に撮影
チューリップ(球根)届く_e0413146_16032006.jpg
植え付けの時期は、9月中旬からと記されています。暑いと根腐れや病気になりますが、昨日が彼岸の入りですから、そろそろ植え付けます。
 
今日の名言:
 
「いつの日か」は、決してやってこない。 ヘンリー・ジョージ・ボーン(英国の出版業経営者)

原文: One of these days is none of these days.

こんな訳もあります。 いつかそのうちにという日は来たためしなし

林修先生も、おっしゃいます。「いつやるか? 今でしょ!」 そうですね。

# by shirakobato2 | 2022-09-21 15:38 | 園芸

孫の”手”がみ

夕方、ポスト(郵便受け)を覗いたら孫の”手”がみ(はがき)が届いていました~
敬老の日に向けて送られたのでしょう。
(昨日は配達日でなかったようで)今日、孫Ⅰがお世話になっている〇〇幼稚園から届きました。
孫の”手”がみ_e0413146_16422340.jpg
まさに、かゆいところにも手が届く、これぞ”孫の手”でした~105.png
「おじいちゃんのこと、なんて呼んでいるの?」、「じーじ」てな会話が聞こえてくるようです。
 
もうすぐ4歳の誕生日を迎える年少さんです。弟が生まれたばかりで、いつの間にか、お兄ちゃんになりました。「長兄の心得」を伝授してから旅立ちまする。107.png
これで、誕生日のお祝いに、福沢諭吉翁にさらにまた羽が増えそう・・・104.png
 
今日の名言:
 
(しわ)とともに品位が備わると敬愛される。幸せな老年には、いいしれない黎明(れいめい)がさす。 (ヴィクトル・ユーゴー(フランス・ロマン主義の詩人・小説家(代表作:レ・ミゼラブル)、政治家)
 
品位: 人に自然にそなわっている人格的価値 (広辞苑による)

# by shirakobato2 | 2022-09-20 17:22 | 家族

台風14号 & 敬老の日

大型台風14号が、昨日、鹿児島市あたりに上陸。
上陸時の中心気圧は、935ヘクトパスカル。70年前の統計開始以来、第2室戸台風伊勢湾台風などに続く4番目の低さだそうですね。
 
統計開始以前の参考記録には、もっと低かった88年前の室戸台風、77年前の枕崎台風があるそうです。
ともかく、稀に見る大型の台風です。このあと、山陰沖に出て、能登半島をかすめて、東北地方で再び上陸するとの進路予想。日本列島縦断ですね・・・143.png
 
被害が甚大でないことを祈るばかりです。
当地は、昨日、いっとき、よく降り、海抜が低い市内ですが、さらに低い地区で、道路が冠水して、住宅も浸水。首都圏のニュースにもなりました。
 
今日は、朝からずっと、「空に 三つ廊下」(「降ろうか」「照ろうか」「曇ろうか」)ありで、不安定です。
雨が止んだところで、高いところの植木鉢を下ろしました。
 
メダカの稚魚が泳いでいるふたつの水槽には、何年も前、名案を思いついて、上の方にドリルで穴を開けて、茶漉しを蓋にして固定しているので、稚魚が流出することはなし。少々の雨では、水が溢れることもありません。👍
 
そんな中で、津軽ミセバヤが咲き始めています。
下のピンクのミセバヤ(君に(だれに)みせばやに由来)ほど見栄えはよくありませんが、白い小さな星型の花です。
台風14号 & 敬老の日_e0413146_14143667.jpg
台風14号 & 敬老の日_e0413146_14143681.jpg
以前育てていて、地植えにしたら消えてしまったミセバヤの花。品種(国内の原産地は)不詳ですが、園芸品種としてはよく見かけます。
台風14号 & 敬老の日_e0413146_14270834.jpg
 
俳句:
 
老母の たまのをの花 さかりなる 西尾一 たまのを=みせばや
 
老母(読みは、としより、おいはは、いずれかな?)と、さかりの取り合わせがいいですね。
老人の日の9月15日は過ぎたけれど、今日は、敬老の日。敬われることもないけれど・・・
祝ってくれる孫は、まだ幼な。
それよりも、来月は、孫Ⅰの誕生日のお祝い、(8~9月は義母の逝去のあとで慌ただしく)まだあげていない孫Ⅱ誕生のお祝いと、福沢諭吉翁に羽が生えそう。105.png

# by shirakobato2 | 2022-09-19 15:33 | 気象