人気ブログランキング | 話題のタグを見る

この時季の花

散歩コースの植え込みで、この時季の花、タイリンキンシバイ(大輪金糸梅、ヒペリカム・ヒドコート)が咲き始めています。
この時季の花_e0413146_15410168.jpg
その中に混じって、チェリーセージ”ホットリップス”の小さな花も咲いていました。白花、紅花もありましたが、ホットリップス(hot lips)らしいのを撮りました。
わが家にもあるのですが、生い茂るので、鉢植えにして、秋に切り戻しているので、まだ、咲いていません。
この時季の花_e0413146_15410012.jpg
いつもの筋トレで、JR武蔵野線の跨線橋に上がると、マイ花壇には、植えた赤・白・黄色のポピーが咲いています。
この時季の花_e0413146_15410057.jpg
そろそろビオラは終わりです。枯れたのは、どなたかが片付けてくれていました。
当方に倣って、た~くさんある花壇のいくつかを、このところ、いつの間にか草むしりをして花の苗を植えてあります。散歩や作業の時間帯が違うので、どなたかわからないまま・・・ それに、いまは皆さん、マスク美人155.pngばかりなので、人さまの見分けができませぬ。相貌失認(失顔症)かな? 105.png
 
JR武蔵野線は、もともとは貨物線(いまも貨物線は横浜・鶴見駅~千葉・西船橋を走っています)として、国鉄時代に開発された路線で、当市には、広い貨物ターミナルがあり、跨線橋は長くて、筋トレにはもってこいなんです。
 
向こう岸の狭い空き地では、菜の花が種をつけて、その下で、ドクダミの花が咲いています。
白い十字架の花ですね。欧米では教会に植えられることもあるのだとか。
日本では、葉や茎を乾燥させて煎じて飲む「十薬」という生薬になりますね。子どもの頃、祖母が、体にいいからと飲ませてくれていました。ウーロン茶みたいな味だったような記憶があります。
この時季の花_e0413146_15410050.jpg
往復して戻ったところで、いつかも載せましたが、交差点の脇に、青面金剛の石碑が立っています。その一画では、いまはサツキの花(ポピュラーな「大盃」)が咲いています。
この時季の花_e0413146_15410013.jpg
この時季の花_e0413146_15410003.jpg
庚申塔と称されるもので、この石には、庚申信仰の本尊の青面金剛の像の代わりに、上に、梵字(ぼんじ)であらわした種字(読みは同じで種子ともいう)(しゅじ)が刻されています。下の三猿は、しばしばセットで刻されているのも特徴です。
ご参考まで・・・ 種字(=種子):このような梵字です。東京国立博物館(本館)にて撮影
この時季の花_e0413146_17335861.jpg

# by shirakobato2 | 2022-05-25 18:09 | 花木・花卉

薫風

風薫る季節で、小庭も若葉、青葉が茂っています。下草に日が当たらなくなった木の枝は、ぼちぼち、剪定しています。
今日の花は、サツキの「薫風」です。
盆栽に適した品種です。横から観て半球になるように仕立てようと思っていますが、なかなか、こちらが思うように、枝を出してはくれません。105.png
サツキの中では、やや大輪の花です。
薫風_e0413146_17354169.jpg
これは、イロハモミジの枝垂れで、種を蒔いて育てて12年。溶岩の窪みに植え込んだ、一応、石付き盆栽のつ・も・りです。
上から観ると、ほどよく広がっています。
薫風_e0413146_17354134.jpg
左のは、(主木の)添えというには、洋風ですが、デンドロビウム「エンジェルベイビー”グリーン愛”」です。
昨年、株分けをしたので、それぞれの鉢で少しずつ咲いています。
薫風_e0413146_17354130.jpg
一番よく咲いたときの1枚です。
薫風_e0413146_17533448.jpg
 
俳句:
 
さつき咲く 毛氈(もうせん)の緋を 映すごと 功雪(しらこばと)
豊島区駒込の六義園(りくぎえん)にて詠む
薫風_e0413146_18283047.jpg
薫風_e0413146_18284040.jpg

# by shirakobato2 | 2022-05-20 19:08 | 花木・花卉

五月晴れの中の園芸 & メダカの産卵・孵化

久々に青空が広がりました。
旧来、旧暦5月の梅雨の晴れ間を五月晴れと称してきたのだそう。
今の時代、6月に五月晴れもちょいと変ですよね。ということで、五月晴れの爽やかな一日です。
でも、しばし、寒暖計は25℃を少し超えて、真夏日。
 
25℃前後になると、趣味のメダカの飼育ですが、産卵が始まる時期です。
産卵床のホテイアオイの冬越しは当地の気温では無理なので、毎年、5月の初めに求めます。ひと株100円也。
10株用意して、入れていましたが、すでに、産卵して孵化して、針子が5匹ほど泳いでいます。産卵から孵化までは10数日(水温x日数=250℃・日が目安)かかるので、10日毎に交換して、孵化は、外の別の水槽です。成魚(親)といっしょにすると、餌と間違えられて食べられることがあるからです。
メダカの品種は、「大和紅帝」、「鳳凰」、「鉄仮面(幹之系)」、「夜桜」です。
 
また、この気温になると、朝顔の種播きの適期なので、晴れたところで、の大輪の花が咲く2品種と、枝垂れで小輪の「紅ちどり」、そして、昨秋、ヤフオクでゲットした茶色の朝顔が咲く「団十郎」を蒔きました。これは、上手くゆけば数十年ぶりの再会です。
向島百花園の超大輪の朝顔は、咲かせる力量がないことを思い知って、もう、断念しました。
五月晴れの中の園芸 & メダカの産卵・孵化_e0413146_16425169.jpg
先に蒔いて芽生えていたミニ・ヒマワリは、双葉、本葉、また、本葉と育っています。
よく観ると、交互に90度向きを変えています。さすが、この若葉にして向日葵の素質あり。👍
五月晴れの中の園芸 & メダカの産卵・孵化_e0413146_16425130.jpg
庭の隅っこでは、ユキノシタが咲いています。
五月晴れの中の園芸 & メダカの産卵・孵化_e0413146_16425173.jpg
4つ目のバラ「モナリザ」も開花しています。昨秋、求めたばかりで、10個ほど蕾がつきました。
花の色は、やや淡いオレンジ色で、次第に、外側の花弁が薄いピンクに染まります。染まる頃には花がバラけてしまいます。作出国はドイツ。
五月晴れの中の園芸 & メダカの産卵・孵化_e0413146_16425122.jpg
 
今日の名言:
 
「こんな田舎町でも何か起こるのかい」
「ああ」
「何が?」
「バラが咲く」
 米国の映画「乱暴者(あばれもの)」より
 
ひとり住まいのあばら家にも「バラが咲く」・・・109.png

# by shirakobato2 | 2022-05-18 17:38 | 園芸

菖蒲の花

菖蒲の花咲く季節になりましたね。
 
何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)のことわざは、どちらも優れていて優劣がつけにくいということですが、今日は、似たような植物を並べてみます。ややこしいことに、同じ字で読みが違いますので、カタカナと漢字を併記しますね。
 
以下、いずれもアヤメ科アヤメ属で、これはアヤメ(菖蒲、文目、綾目)です。
どちらかというと、山地に自生していて、やや乾燥した土を好むようです。
これは群馬県の山間まで、蛍狩りに行った6月下旬に見つけて撮っていました。
花弁の付け根が綾目(網目)模様になっています。
菖蒲の花_e0413146_18102378.jpg
菖蒲の花_e0413146_18103506.jpg
カキツバタ(杜若、燕子花)です。漢字の当て字が難しい~106.png
アヤメ以外の、以下はすべて湿地に自生しています。
カキツバタは、花弁の中心に、白または淡黄色の筋(斑紋)があります。
菖蒲の花_e0413146_18362564.jpg
ノハナショウブ(野花菖蒲)は、写真を持ち合わせませんので、ウィキペディアへリンクさせていただきますが、下に表示される画像の花です。花弁の基部に黄色の筋(斑紋)があります。

ノハナショウブを原種として園芸品種のハナショウブ(花菖蒲)が作出されたのだそうです。これから庭園や公園や水郷で咲き出し、あやめ祭りなども開催されますね。
花の色や姿は個性がありますが、ノハナショウブの特徴を引き継いでいて、花弁の中心はいずれも黄色です。
菖蒲の花_e0413146_19262417.jpg
菖蒲の花_e0413146_19270872.jpg
こちらは、川や池の縁で咲いているキショウブ(黄菖蒲)です。帰化植物で、要注意外来生物とされていて、防除の対象になっています。
菖蒲の花_e0413146_19322071.jpg
このほか、アヤメ属の植物を交雑して、欧米で作出された園芸品種ドイツアヤメ(ジャーマンアイリスとも称される)がありますが、花姿が、上記の花とはかなり異なり、いろいろな品種がありますね。
菖蒲の花_e0413146_19452252.jpg
最後に・・・ 先日、端午の節句に孫にあげたのですが、あのしょうぶ湯のショウブ(菖蒲)は、サトイモ科(現在、ショウブ科として分類されることもあり)で、花の形がまったく異なる植物です。
ショウブ科の植物は、曖昧なまま、あやめと云ったり、しょうぶと云ったりで、通称されていて、ややこしい植物ですね。
以上、ご参考まで・・・ 間違いがありましたら失礼。

# by shirakobato2 | 2022-05-17 18:46 | 花木・花卉

「おくのほそ道」旅立ちの日

今日5月16日は、旧暦3月27日にあたり、松尾芭蕉が「おくのほそ道」へと出立した日です。
芭蕉が敬慕していた、平安末期の歌僧、西行法師の500回忌にあたる年でした。芭蕉の年齢は、45 or 46歳のとき。
西行が奥州の旅で詠んだ歌枕をなぞる旅でした。
 
現在の東京・江東区常磐一丁目にあった深川芭蕉庵から近く(およそ1kmほど)の深川一丁目の採荼庵(さいとあん)へ一旦移り住み、そこからすぐ近くのたぶん、仙台堀川(運河)で船に乗り、隅田川を上って、千じゅ(現在の北千住あたり)で船からあがっています。
千じゅまでは、蕉門十哲の門人らが舟で見送り、あがって、立ちならんで見送ったと記されています。
 
ここで、”行春(ゆくはる)や鳥啼(とりなき)魚の目は泪”という句を矢立の初(旅行吟の詠みはじめ)としています。
 
鳥啼魚の目は泪と、中句と下句に詠み込んでいます。これは、素直に受け入れてもいいのですが、親しくしていた武士に「鳥金右衛門(芭蕉は彼に、この旅の同行者にと望んでいた八十村路通が、その前に江戸を去ってしまって、悲しみに暮れる心情を吐露して、送った手紙が10数年前に発見されています)に向けて、”鳥啼き”、そして、芭蕉の経済的援助者で、なお、蕉門十哲のひとり、魚問屋の「杉山杉風」に向けて、”魚の目は泪”と詠んだのでしょう。たぶん・・・
 
以上の話につながりそうな写真を掲載します。
深川芭蕉庵は幕末のころ火災で消失して、いまは、小さな稲荷社が建立されています。ここで、「古池やかはづ飛び込む水の音」が詠まれています。
「おくのほそ道」旅立ちの日_e0413146_17555967.jpg
これは、採荼庵の川向うに位置する、都立9庭園のひとつ、清澄(きよすみ)庭園にある大きな句碑です。
「おくのほそ道」旅立ちの日_e0413146_18184242.jpg
清澄通りに面している採荼庵の縁台に座す旅立ち前の芭蕉像
「おくのほそ道」旅立ちの日_e0413146_18151422.jpg
そして、(やうやう)草加(さうか)と云(いふ)宿にたどり着(つき)にけりと続きます。
 
これは、日本の道百選のひとつ、草加松原遊歩道(旧日光街道の松並木)に隣接する札場河岸(かし)公園内に建つ芭蕉像です。江戸の方を振り返っている姿です。
「おくのほそ道」旅立ちの日_e0413146_18532594.jpg
草加宿に泊まったのか、はたまた、越ヶ谷宿(同行の曾良の日記では)粕壁宿か、定かではありませんが、おくのほそ道は、旅日記であるとともに、文学作品として推敲を重ねたもので、後者のふたつの名には、”が”や”べ”の濁音が入るので、清音の”さうか”として、千住からは近いのですが、長途の行脚の旅支度を整えたのかもしれません。
 
なお、旅の同行者は、八十村路通に代わって、蕉門十哲のひとり、河合曾良になりました。彼も克明に旅日記を記しています。
芭蕉と曾良の二人連れを想起させる像ですが、途次、もっとも長く滞在したのは、現在の栃木・大田原市の黒羽で、黒羽城址公園に隣接する黒羽芭蕉の館の前庭にある像です。那須野が原あたりでは、馬を借りていますが、ほとんどは、歩き続けたと思われます。
「おくのほそ道」旅立ちの日_e0413146_19231898.jpg
このあと、ふたりが辿った太平洋側の北端では、平泉まで追っかけをしたことが数度ありますが(苦笑)、今宵はここいらまでとさせていただきます。以上、勝手な自説があり、間違っているやもしれません。105.png
 
今日の名言:
 
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。 松尾芭蕉
 
「おくのほそ道」の冒頭は、この名言で、始まっています。

# by shirakobato2 | 2022-05-16 19:54 |