人気ブログランキング | 話題のタグを見る

梅雨どきの花と草

散歩の途中、あちらこちらで、タチアオイの花を見かけます。別名、ツユアオイともいうそうですね。赤・白・紫が多いようですが、きれいなピンクの花を見つけました。
梅雨どきの花と草_e0413146_14521281.jpg
そろそろ、花期の終わりですが、まだ、きれいに咲いていたタイリンキンシバイ。輝くような黄色が、梅雨どきには、いっそう、よく映えます。
梅雨どきの花と草_e0413146_14524300.jpg
ザクロの紅い花は、いま、満開です。
梅雨どきの花と草_e0413146_14522452.jpg
花盛りで、まだ、膨らんでいる実は、見つかりませんでした。
梅雨どきの花と草_e0413146_14523268.jpg
ホウキギ(別名:ホウキグサ)が青々として、よく育っていました。かつて、育てたことがありますが、種が飛び散って、翌年、あちこちで芽を出すので、2年ほどでやめました。なお、その種は、秋田の特産物、”とんぶり”が有名ですね。
梅雨どきの花と草_e0413146_14524832.jpg
学術的には、いまは、バッシア属に属しているそうですが、かつて、コキア属(いまもこの属名があるのか不詳)で、コキアの名が残っていて、園芸では、この名で呼ばれることが多いですね。国営ひたち海浜公園へ、丘全体が真っ赤に染まる秋の紅葉を観に行ったことがあります。
手前は、コスモスで、子どもは、シャッターを押すタイミングで、飛び込んできた幼い女の子。あの高さならコスモスが美しかったのでしょう。もう少し上を撮るつもりでしたが、このほうが、絵になりました。(笑)
梅雨どきの花と草_e0413146_16340941.jpg
 
立葵 いま少年の 姿して 岩田由美
 
今日の名言:
 
「時」の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように早く飛び去り、 過去は永久に静かに立っている。 シラー(ドイツの詩人・劇作家)

by shirakobato2 | 2019-06-20 17:42 | 花木・花卉
<< 小さきもの、ふたつ ネムノキの花 >>