人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蝉の話

その前に、台風10号は、超大型で、雨量1000mmを超えるところも出るとのこと。1000mm=1mですから、局地的には、それを超えるところもあり。被災しそうな地域の方々、十分な対策をなされますよう。
こちら、埼玉南部は、猛暑の中で、ときおり、雨が降って、いつもより気温が5℃ほど下がっています。
 
夕方、自転車で買い物に行きましたが、空は青いのに、天気雨に降られました。涼しく感じるくらいで幸いでしたが・・・
 
そんな中で、ミンミンゼミが鳴いていました。アブラゼミは、コンクリートの電柱にとまって鳴いていました~ そんなところよりも、もう少しましなところで、お嫁さんを探せよと声をかけました~(笑) コンクリート電柱の蝉なんて、俳句より、川柳の対象なり。”電柱に 抱きつきどうする 蝉の
 
ミンミンゼミ。この蝉は、黒地の地に水色や緑色の斑紋があり、個性がありますね。こちらでは、緑色の部分が多かったり、黒い部分が少し多いのと2種います。
蝉の話_e0413146_19291643.jpg
蝉の話_e0413146_19292334.jpg
暑い甲府盆地では、黒味がほとんどないタイプの(日光を反射する)緑色型の”ミカドミンミン”と呼ばれる種が多いそうです。
 
なお、いま興味があるのは、南方系のクマゼミです。温暖化ゆえか?、次第に北上していますが、まだ、当地で、鳴き声を聞いたことはありません。近いところでは、埼玉・蕨(わらび)市では鳴いているところがあるそうです。東京の一部でも鳴いているそうです。
このクマゼミは、ふるさとの九州へ帰省したときに、写したものです。
蝉の話_e0413146_19274948.jpg
青空見ゆ 驟雨(しゅうう)の中の 蝉さかん 橋本美代子
夕蝉や 恋の命火 なほ燃やし 功雪(しらこばと)
 
今日の名言:
 
あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。 イエス・キリスト

by shirakobato2 | 2019-08-13 19:55 | 昆虫
<< 朝顔の話 メダカの話 >>