人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ナツアカネ

秋が深まるにつれ、ナツアカネ(夏茜)の♂は、頭部から腹部全体が、真っ赤になります。
先が尖ったものが好きで、ネギの葉の先端にとまっているところです。縄張りを確保して、餌食が来るのを待つのでしょう。飛び立っても、すぐにもとに戻って同じ姿勢をとるので、撮影は、楽ちんです。(笑) 晩秋には、胸部は、(写っていませんが)頭部の顔も、もっと紅くなります。
ナツアカネ_e0413146_14163092.jpg
避暑に行っていたアキアカネ(秋茜)は、もう、山から下りて来ているころですが、まだ、見かけません。
アキアカネも赤とんぼの一種ですが、ナツアカネほど、全体が真っ赤にはなりません。
 
当地は、武蔵野の一画で、見晴らしのよいところへ上がると、東に筑波、西に富士・丹沢山地・秩父連山、北に日光・那須連山を望めます。筑波山へ夏に登ったときは、山頂で、群れ飛んでいました。奥日光(明智平)でも、頭の上に手を上げるととまるほどでした。こちらからは、どこへ行くのかわかりませんが、いずこであっても、ナツアカネの避暑地は遠く、その飛翔能力には驚きます。
 
赤蜻蛉 筑波に 雲もなかりけり 正岡子規

by shirakobato2 | 2019-09-18 11:28 | 昆虫
<< 観劇 アオスジアゲハ >>