人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ご訪問のお礼とシュウメイギク

こちらのエキサイトへ移転させていただいて、今日で、やっと(もう?)、半年が過ぎました。内容も、それに、写真も、まさに焦点が定まらない拙い記事ですが(苦笑)、およそ延べ1万(9,923)名様もお訪ねいただきまして、ありがとうございます。まだ、しばらくは、記事が書けそうですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
シュウメイギク(秋明菊)は、名前は菊になっていますが、春に咲くラナンキュラスと同じキンポウゲ属の植物だそうですね。
鉢植えで育てていますが、花が咲く季節ながら、今年は、まだ小さな蕾は残っているものの、株が弱っていて、あまり期待はできません。
暑い夏に、水やりを忘れたりして、土が乾燥して萎れたりしたのが原因かと反省。それに、半日蔭でないと、葉焼けをして弱るのだそうですね。植え替えは、10月いっぱいだったら大丈夫そうなので、急いで、植え替えます。
そのようなわけで、これは、きれいに咲いたときの1枚です。
ご訪問のお礼とシュウメイギク_e0413146_16132324.jpg
この花は、信州・安曇野の碌山美術館の周りにたくさん植えられていて、ちょうど花の季節で、楚々として美しい花だったので、同じ一重の白花の株を求めて育てています。
ご訪問のお礼とシュウメイギク_e0413146_16230848.jpg
ついでながら、荻原碌山(本名:守衛 30歳にて夭逝(ようせい))の代表的な作品、”女”です。碌山は、(先日、友人夫妻と食事に行ったばかりで、記事掲載もいたしましたが)新宿・中村屋の創業者とともに安曇野出身で、東京在住の頃は、中村屋にお世話?になっていたそうです。
ご訪問のお礼とシュウメイギク_e0413146_16231662.jpg
 
これよりは 秋明菊を 思ひ出に 桂信子
居待月 秋明菊の 花明り 功雪(しらこばと)
 
今日の名言:
 
自然はその美を各人の掴(つか)み取りに任してゐる。手の大なる人は多く取り、小なる人は少なく取る。  碌山の親友、戸張孤雁(彫刻家) 碌山美術館入口に刻まれていました。

by shirakobato2 | 2019-10-24 17:17 |
<< またもや大雨 ヒメツルソバ >>