人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヤツデの花序

もうひとつ、冬の花の蕾がありました。大きな葉に隠れていました。
ヤツデの花序のかたまりです。次第に花茎が伸びて広がり、いくつもの小花序からなる円錐状の花序になります。
ヤツデの花序_e0413146_13422703.jpg
わが家からお隣さんへ、たぶん、ヒヨドリが種を運んで、1.5mほどまで育ったヤツデは、もう少し花序が伸びて、広がりつつあるところでした。
これから開花すると、蜜源が少なくなるこの時季、ミツバチ、ハナアブ、ハエが飛んできます。そして、実が濃い紫色に熟すのは、晩春・初夏のころです。
この花は、自家受粉を避けるために、一つの花が雄花から雌花へ性転換をするという不思議な植物です。咲いたら、また、掲載します。
ヤツデの花序_e0413146_13483164.jpg
いつ咲いて いつまでとなく 花八手 田畑美穂女
路地の空 仰ぐがごとき 花八つ手 功雪(しらこばと)
 
シルバー川柳
 
日本語に 通訳の要る 三世代 久光サダ子(福岡県 78歳)
動かない エレベーターや 押し忘れ 塩田トキ子(埼玉県 77歳)
なぜ消える 眼鏡と鍵の ミステリー 涌井悦子(新潟県 55歳)
 
今日の名言:
 
今日は、文化の日の振替休日・・・
 
「君たち、漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。一流の映画を観ろ、一流の音楽を聴け、一流の芝居を観ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ」 手塚治虫
後輩の、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫などのトキワ荘のマンガ青年たちに言った言葉です。そう言われて、みな、食費を切り詰めても、一流の文化を学び続けたのだそうです。そして、彼らは、ご存知のとおり、一流の漫画家になったのでした。

by shirakobato2 | 2019-11-04 14:23 | 花木・花卉
<< 冬至を前に・・・ 小さな庭の晩秋 >>