人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いつものクリニックへ

夕刻から、月1回のいつものクリニックへ・・・ いつも2、3時間待ちながら、月曜日の夕刻は、なぜか空いているのを知っていて、さらに、降り続いていた雨がやんだばかり・・・ 老いの身が、老人の行動を予測して、まさに的中。先客、わずか数人。そして、先の川柳のとおり、”朝起きて 調子いいから 医者に行く”です。(苦笑)
ひと月ごとの採血をしてもらって、あとは、聴診器と・・・ 先生も時間に余裕があって、紅葉狩りの話をして、診察料を払ってきました~ (笑) でも、なんでも、相談できる、かかりつけのよき医師に巡り合うことも、無事に生きてゆく秘訣ですよ。
いつものクリニックへ_e0413146_21213201.jpg
 
シルバー川柳
 
「インスタ映え」 新種の蝿かと 孫に問い 石井丈夫(滋賀県 83歳)
うまかった 何を食べたか 忘れたが アリス(三重県 女性)
靴下を 立って履くのは E難度 近藤真里子(東京都)
 
今日の名言&俳句:
 
焚くほどは 風がくれたる 落ち葉かな 一茶(当時、よく知られていた句だそうです。先に詠んだ一茶に敬意を表して、あえて、先に記します。)
焚くほどは 風がもてくる 落葉かな 良寛
良寛の句が有名ですが、一茶の句を、良寛が知っていたのか、知らずに詠んだのかは、よくわからないというのが事実のようです。それはともかく、この句は、五合庵(新潟県燕(つばめ)市)という草の庵(6畳ほど)に住んでいた良寛が、藩主から大きな寺の住職にと所望されたときに詠んで、藩主に送った句だそうです。質素な生活で十分満足していたのです。清貧であっても、心は満ち足りていて、余裕さえ感じます。


by shirakobato2 | 2019-12-02 21:34 | 健康と病気
<< 初冬の散車 晩秋の小石川後楽園 続き >>