人気ブログランキング | 話題のタグを見る

花と緑の振興センター

昨日のチャリでのサイクリングで、首が少々痛くても大丈夫かと自信がついたところで、今日は、風もなく穏やかな日和(日中気温15℃)でしたので、久しぶりにマイフィールドのひとつ、埼玉・川口市にある県の花と緑の振興センターまで、久々、マイカーでドライブをしてきました。
 
行く前に、ネットで確認したところ、梅園と西園は、あいにく、安全対策工事が行なわれていましたが、園内全体でおよそ460品種、1150本のツバキとサザンカの大半が東園に植栽されているので、まさに、字も春の木の”椿”を観賞することにして出かけました。
 
もう、玄関前の夫婦枝垂(梅)は、花が散っていました。これは、昨年の写真です。梅園には、155品種の梅が植栽されています。
花と緑の振興センター_e0413146_17510180.jpg
夫婦枝垂は、一花に雌しべがふたつで、うまく受粉すると、このようにふたつの実がくっついて成ります。この木は、埼玉県皆川町の大木から取った穂木から育てられたということです。
花と緑の振興センター_e0413146_17394118.jpg
椿の写真は、たくさん撮りましたので、今日は、ほかの花木を掲載します。
 
東園の入り口で咲いていたのは、深山含笑(みやまがんしょう、中国原産)。左は、埼玉・日高市の農家屋敷林で発見されたというむさしの1号という枝が横に張らないケヤキです。川口でも、むさしの2号というケヤキが発見されていますが、枝張りは、1号の方がが狭いです。
花と緑の振興センター_e0413146_20094877.jpg
含笑(ふくみわらい)の名のごとき花です。
花と緑の振興センター_e0413146_20135689.jpg
マンサクの花も咲いていました。しらこばとの切る錦糸卵程度のよれよれ。(苦笑)
花と緑の振興センター_e0413146_20222892.jpg
赤花のマンサクで、ディアナという品種。
花と緑の振興センター_e0413146_20231908.jpg
姫リュウキンカの群落は、今年もいっぱい咲いていました。
花と緑の振興センター_e0413146_20283193.jpg
花と緑の振興センター_e0413146_20285254.jpg
もう、ボケの花が咲いていました。真っ赤な花でした。
花と緑の振興センター_e0413146_20331062.jpg
花と緑の振興センター_e0413146_20331680.jpg
椿は、また明日にでも・・・

by shirakobato2 | 2020-02-24 20:39 | 植物園
<< 椿の花 その1 所用とミニチャリでのサイクリング >>