人気ブログランキング | 話題のタグを見る

野の花 続き

斜面林は、自生している草木を守るために歩道が設けられています。
野の花 続き_e0413146_12571465.jpg
湧水で育てられている数十株のミズバショウ(水芭蕉)は、花の時季を過ぎていました。
野の花 続き_e0413146_13073359.jpg
ムラサキケマン(紫華鬘)も少し盛りを過ぎていました。華鬘(けまん)は、仏堂の荘厳具のひとつで、この花をその透かし彫りに見立てた命名でしょう。
野の花 続き_e0413146_12195556.jpg
ホウチャクソウです。この花も、寺院の軒先の四隅に吊り下げられている宝鐸(ほうちゃく、ほうたく、風鐸)に見立てた名前でしょう。
野の花 続き_e0413146_12200207.jpg
すみれが、株をなして点在していましたが、ほとんど、このタチツボスミレ(立坪菫)でした。花の色は、淡い紫といわれますが、個体差や地域によって少し違いがあるようです。
野の花 続き_e0413146_12570873.jpg
これは、草ではなく、木で、ハナイカダ(花筏)です。葉の中央の主脈で花が咲くという珍しい植物です。花をのせた葉を筏に見立てての名前です。雌雄異株で、これは、雄株の花です。ひとつだけ開花していて雄しべが見えていました。
野の花 続き_e0413146_12200600.jpg
秋には、雌株に、1~3個の黒い実がなります。
野の花 続き_e0413146_13415502.jpg
キツネノカミソリの剃刀に見立てた葉が茂っていました。”葉は花を見ず、花は葉を見ず”の植物です。
野の花 続き_e0413146_12572031.jpg
夏の終わりのころには、このような花が咲きます。
野の花 続き_e0413146_13503778.jpg
シャガ(射干、著莪)やヤマブキ(山吹)の花も咲いていました。
野の花 続き_e0413146_12195143.jpg
野の花 続き_e0413146_12573406.jpg
 
コロナは、夏になり、気温があがり、紫外線が増え、湿度があがれば、収まるのではないかとの識者の話もあります。
それを信じて、「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」(太平洋戦争における日本の降伏を国民に伝えられた玉音放送(聞いた覚えはありませんが(笑))より)暮らすといたしましょう。
それにしても、今上(令和)天皇は、天下の一大事に、なにも仰(おお)せになりませんね。
エリザベス女王は、4日に異例のスピーチで、「団結すれば新型コロナウイルスに打ち勝つことができる」とBBCで放送されたとのこと。
 
今日の名言:
 
余分な大理石がそぎ落とされるにつれて、彫像は成長するのだ。 ミケランジェロ
 
天(自然、神?)が与えたこの試練は、「愚かなホモ・サピエンスよ、余分な大理石をそぎ落せ」ということかもしれません。これを乗り越えた暁には、戦い(経済戦争も)のない、そして、地球を汚す贅を尽くさない、りっぱな彫像が現れることを信じましょう。(^^ゞ

by shirakobato2 | 2020-04-10 14:57 | 山野草
<< 万葉植物苑の花 & 感染者数の急増 野の花 >>