人気ブログランキング | 話題のタグを見る

復活祭 & 五月人形

日本における新型コロナウイルス感染者”の推移(グラフ) 4月12日更新
 
今日は、「復活祭(英語: イースター)」。日本のカトリック教会では、「復活の主日」と呼ばれます。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日にあたります。そこで、年によって、日にちは変わります。
教派によっても、日にちは異なるそうですが、復活祭は、(降誕祭(クリスマス)よりも)一番、重要な祭です。
かつては、1時間半もドライブして東京の教会まで行っていた年月がありましたが、高齢になって、毎日曜日のミサには参加しなくなりました。
今日は、カトリック草加教会まで行きました。
ミサは、今年ばかりは非公開で行なわれますと、(”新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のために祈りましょう”で始まる祈りの言葉に続く)お知らせが張ってありました。
復活祭 & 五月人形_e0413146_18183530.jpg
教会の建物のコーナーのマリア像。
復活祭 & 五月人形_e0413146_18184757.jpg
 
実は、教会に向かう前に、昨年の初節句のお祝いのあと、爺のところで預かっていた五月人形(兜に刀・弓矢と鍾馗さま)を孫に届けました。
まだ、外で遊ばなくても大丈夫な1歳半で、おもちゃや本と、買ってもらったばかりのブランコ・すべり台・ジャングルジムで十分楽しんでいました。
濃厚接触にあたると思いつつも(苦笑)、1時間余、遊びに付き合ってきました。
人形の組み立ては、暇をもて余しているパパに任せて、教会へ向かったことでした。
復活祭 & 五月人形_e0413146_18450914.jpg
 
世の病 マリアの姿 春愁ひ 功雪(しらこばと)
 
今日の名言:
 
仲間や同僚をライバルにするな。ライバルはお釈迦様か、キリスト様にしろ。 岡本一平(漫画家、作詞家、芸術家・岡本太郎の父)

by shirakobato2 | 2020-04-12 19:32 | 信仰・教会
<< ハナミズキ 万葉植物苑の花 & 感染者数の急増 >>