人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チョウジソウとバラ

今日も夏日で、半そでシャツで過ごしました。日の光を椿の葉越しに撮ってみました。特殊なフィルターは持ち合わせないので、ただ、パチリと撮っただけです。
チョウジソウとバラ_e0413146_17095885.jpg
 
あらたうと 青葉若葉の 日の光 松尾芭蕉 卯月朔日(ついたち)(陽暦5月19日)に日光山を詣拝した折の句。
 
チョウジソウの花が咲いています。名前の由来は、花を横から見ると、丁の字に見えるからだそうです。
日本、中国、朝鮮半島原産ですが、日本では準絶滅危惧種だそうです。
これは、園芸店で求めたもので、北米原産のヤナギバチョウジソウかもしれません。詳しいことは、こちらが参考になります。→ チョウジソウ
チョウジソウとバラ_e0413146_16483394.jpg
昨日、蕾を掲載したバラの「プリンセス・ミチコ」が、今朝、開いていました。イギリス(北アイルランド)のディクソン社作出。このとおり、丸弁の半八重の花です。わが家の大苗の春のバラは、これでおしまいです。
チョウジソウとバラ_e0413146_16484279.jpg
ほかに、ミニバラが3種ほどあります。そのふたつは、ミニバラにしては大輪の花が咲きます。都立神代植物公園(調布市)へバラを観に行ったとき、販売店で求めましたが、名前は、わからなくなってしまいました。
チョウジソウとバラ_e0413146_16582788.jpg
 
今日の名言:
 
窮すれば即(すなわ)ち変ず、変ずれば即ち通ず 古代中国の書物「易経」より

by shirakobato2 | 2020-05-13 17:32 | 園芸
<< ユキノシタとメダカ 初夏の花、ピラカンサとバラ >>