人気ブログランキング | 話題のタグを見る

サツキの花咲くころ

サツキは、遅咲きのツツジが散るのと入れ替わるように、関東では、ちょうど今、5月下旬から6月上旬にかけて咲き続けますね。
 
ツツジのように一斉に咲いて散るのではなく、ひと株でも1本でも、つぎつぎに咲いては散り、しばらく咲き続けます。
 
公園や街路の植え込みには、原種に近い「大盃」など一色の花が多いのですが、花弁の形・色・斑の花芸を追い求めて、江戸時代からの古典品種も含め、園芸品種は、2000種とも3000種ともいわれています。
 
花物盆栽としては、人気の樹種でしょう。昭和40年代(高度経済成長後期)には、みな、豊かになり、土いじりから園芸(いまは、ガーデニング)という言葉も定着し、ときを同じくして、一大サツキ・ブームがありました。
そのころ以来、数十品種を育ててきましたが、とても手間がかかる盆栽で、いまはもう、わずかに数本育てているだけです。
 
サツキの用土の定番は、鹿沼土(かぬまつち)ですが、3万年前の群馬・赤城山の最後の噴火による火山灰が風化した軽石ということです。
それが採取される栃木・鹿沼市は、日本一のサツキの産地でもあり、一昨年、ひさしぶりに「鹿沼さつき祭り」へ出かけました。今年は中止。
栃木県を中心に、関東の各地からの銘品が展示されていました。
 
品種: 「緋の司
サツキの花咲くころ_e0413146_21194989.jpg
サツキ栽培の面白さのひとつは、花の芸でしょう。
これは、その名も「一目惚れ」(笑)
サツキの花咲くころ_e0413146_19141283.jpg
わが家の今日の2品種。
薫風
サツキの花咲くころ_e0413146_21085263.jpg
これは、鹿沼さつき祭りで求めてきたものです。ちょうど、孫がおなかの中にいたので・・・ 祝い星」 紅白、斑入りと咲き分けます。
サツキの花咲くころ_e0413146_19195094.jpg
サツキの花咲くころ_e0413146_21112824.jpg
 
シルバー川柳:
 
お揃いの 茶碗にされる 俺と猫 詠み人不詳
私だけ 伴侶がいると 妻嘆く 同上
合コンだ 入歯みがいて 紅さして 同上

by shirakobato2 | 2020-05-27 19:20 | 花木 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 昨日のできごとほか 庭仕事の備忘録 >>