人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ツマグロヒョウモン(蝶)

当地は、天気予報がいい方に外れて(梅雨時の予報は難しく、当たる確率は6割ほどらしい)、久しぶりに、朝から夕方まで、日が差しています。
 
そんな中、タテハチョウ(立羽蝶)科のツマグロヒョウモン(♀)が、産卵に、庭に飛んできました。幼虫の食草のすみれの葉の茂みの中に潜り込んでいましたが、葉の上に出てきたところで、撮れました。このところの風雨で?、翅が少し痛んでいました。
 
早速、新しいカメラで撮りましたが、まだ、いまのところは、”おまかせモード”という設定です。一応、接写を示す花(🌷)マークに自動的になっていました。
 
色合いが、いまいちでした。実物は、もう少し鮮やかな色の蝶さんです。トリミング(面積比1/4)しています。紅いのはバラの新芽。
ツマグロヒョウモン(蝶)_e0413146_14323538.jpg
スミレは、白花で、北アメリカ原産のビオラ・ソロリアの園芸品種”スノー・プリンセス”。大きな葉で、蝶の開帳は55mmほど。
 
蝶の幼虫の飼育は、15、6年来の夏の趣味(苦笑)ですが、このツマグロヒョウモンが一番多くて、毎年10頭ほど羽化して、巣立っています。たぶん、何代も続いての出産のためのお里帰りでしょう。👍(笑)
 
これが、4齢か5齢(終齢かな?)(脱皮するたびに+1齢)の幼虫と、蛹化後の、そして、羽化して成虫になります。
ツマグロヒョウモン(蝶)_e0413146_15514806.jpg
ツマグロヒョウモン(蝶)_e0413146_15302802.jpg
こちらが、羽化して間もない♀
ツマグロヒョウモン(蝶)_e0413146_15323314.jpg
♂のほうが珍しく、じみな色合いの蝶。
ツマグロヒョウモン(蝶)_e0413146_15335767.jpg
 
川柳:
 
人生も 野球も最後は ホームです 詠み人不詳
座禅より 無心になれる 草むしり 同上
看板に お辞儀をされる 工事中 同上

by shirakobato2 | 2020-07-12 16:23 | 昆虫
<< アクセスが集中しているか、ペー... コンパクトデジタルカメラ >>