人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ようやくの年賀状

いつもは、25日前には投函していた年賀状ですが、ようやく、一応、できあがりました。
 
末弟の不幸があり、それも、手付かずだった原因のひとつでしたが、キリスト教徒には、喪中や回忌の概念はありませんし、ようやく、作成する気になりました。
 
そんなところに、今日は、家族の一員の愛犬が亡くなったというので、喪中の丁重なはがきが届きました。みな、それぞれの心でよいのだと思ったことでした。
 
なお、作成したところで、プリントはすぐできるので、年内の投函はやめました。
 
ひとつには、もうそろそろ、賀状の枚数を減らしたいので、届いたら送ることにしました。ただし、昔からの御恩があり、しらこばとよりもさらにご高齢で、賀状を書けなくなった方もいますので、そちらへは明日、投函します。
 
ずっと同じパターンの賀状ですが、この2,3年、孫の写真が、載せられるようになったのは、嬉しいことです。
 
数日早い賀状です。(苦笑)
ようやくの年賀状_e0413146_20560608.jpg
ずっと、MicrosoftのExcelを使って作成しています。プリントすると罫線は消えます。Wordよりも文字や画像の位置決めがより正確に指定できるためです。
 
なお、いまは、MicrosoftのOfficeを買わなくても、Googleからは無料で、Office相当のソフトが提供されています。
MicrosoftのOfficeのファイルも開けて、互換性があります。ただし、試したところでは、ちょっとだけ、表示位置が違ったりします。
まあ、無料ですから、お試しあれ。

 
今日の名言:
 
はだかにて 生まれてきたに 何不足 小林一茶(江戸時代の俳人)
めでたさも 中くらいなり おらが春 同上

by shirakobato2 | 2020-12-29 21:30 | お祝い | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大晦日、そして、お正月 東京葛西用水沿いの散歩 >>