人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月日は百代の過客にして

つい先日(30日)に記したばかりですが、その碑が建てられているお隣の「草加松原遊歩道」を気温は8℃くらいでしたが、真っ青な冬晴れの中、14時頃から散歩してきました。
月日は百代の過客にして_e0413146_21155768.jpg
ここは、東武スカイツリーライン獨協大学前駅(旧名:松原団地駅)から旧日光街道(県道足立越谷線)に出たところにある綾瀬川沿いの美しい松並木です。江戸時代から「草加松原」、「千本松原」などと呼ばれ、日光街道の名所で、国の名勝(おくのほそ道の風景地)に指定されています。南北1.5mほどの日本の道百選のひとつでもあります。
月日は百代の過客にして_e0413146_21155752.jpg
「おくのほそ道」の序章、”月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり”に由来する百代橋です。
月日は百代の過客にして_e0413146_21155718.jpg
月日は百代の過客にして_e0413146_21155746.jpg
北詰から橋を上がり、おくのほそ道の方角の松並木です。いまでは、傍らの西側に旧4号線が走っていますが、かつては、この道が4号線で、しばらく、東京への往来ではこの道を車で走った頃もありました。
月日は百代の過客にして_e0413146_21155721.jpg
いまは、古樹のほか、少し増やされて、634本の松並木です。そう、東京スカイツリーの高さ634m(むさし)にあやかっているそうです。すべてに、いまはこも巻きがされています。
月日は百代の過客にして_e0413146_21520347.jpg
往復3、4kmを歩き、疲れましたので、今夜の記事はここいらで失礼いたします。

by shirakobato2 | 2021-01-03 22:00 | 町の史跡
<< 昨日の散歩(続き) おめでとうございます >>