人気ブログランキング | 話題のタグを見る

明日は、早、七草粥

年が明けて、おめでたいもののコロナ禍にあっては、さしたるめでたさもなし、と思いつつ・・・
 
昨日は、小寒(寒の入り)で、こちらも、一転、曇り空になり、寒さも増しました。すぐに、冬の快晴には戻りそうですが、最低気温は、マイナスになるようです。
 
そんな中、今日も日経平均は下がりましたが、なけなしの投資で、お小遣い程度のプラス。でも、これは、あくまでも、帳簿上の儲け。明日はどうなるものやら。
 
ひと月で損をしないことが目標で、これまた楽しんでいます。一応、投資?です。
世の中の動きに多少は関心をもつことが、ひとつの利点であり、これ以上の老化の防止の刺激かな。(苦笑) でも、お勧めはいたしません。痛い目に何度もあって知る相場ゆえ。
 
大引けの15時過ぎから買い物に行きました。今日、1日だけは儲かったので、好物の生食用の牡蠣(播磨灘産)の大粒の「一年珠かき」を求めてきて、ひとり酒(ウイスキー)。冷たいふたつでは、体は暖まりませなんだ。(笑)
 
そして、明日は七日。ということで、春の七草も求めてきました。当地で販売されているのは、三浦大根の産地、神奈川の三浦半島産です。
明日は、早、七草粥_e0413146_19065683.jpg
ご存知のとおり、秋の七草は観る草、一方、春は食べる草ですね。
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ
スズナ(かぶ(蕪))とスズシロ(大根)以外の5つの草です。
明日は、早、七草粥_e0413146_19065659.jpg
 
俳句:
 
七種(くさ)や 今を昔の 粥の味 太田鴻村

by shirakobato2 | 2021-01-06 19:30 | 風物詩
<< 半年後の勝手な推測 昨日の散歩(続き) >>