人気ブログランキング | 話題のタグを見る

市内散策

今日は、寒いと言っても6℃ほどでしたが、風もなく真っ青な空の下、お昼からチャリで散車・散歩で、少し遠出をしてきました。
 
出かけた先は、市の中心部を流れる自然豊かな川べり。
 
いつものJR武蔵野線の架橋をチャリで越えて、上り下りしました。
富士山は、真っ青な中で、少し霞んで見えましたが、カメラの望遠で見ると、今年はとくに冠雪が少ないようでした。
 
これは、ふたつの川に架かるしらこばと橋です。
市内散策_e0413146_18324749.jpg
主塔の下まで行くと、左手は、(かつては、東京・足立区あたりまで、農業用水をもたらしてきた)瓦曽根溜井(葛西用水路の一部、逆川の下流域)です。いまは、すぐ下の水門が開放されていて、わずかに流れていました。
市内散策_e0413146_18324790.jpg
橋の欄干には、しらこばと(鋳物の彫像)が5羽ほど。
中土手を挟んで、右側には元荒川が、こちらは、水量はたっぷり。
市内散策_e0413146_18324685.jpg
中央は、市民会館、右手は建造中の新しい市役所、左は、市内で2つしかない超高層(高さ100m)ビルのひとつ。
人口はいまなお、増え続けていますが、市内には、まだ広い土地があり、あえて、上に伸びる必要がないようです。
 
主塔のところから中土手に階段がありますが、チャリは乗らずに上り下りすることができます。
 
中土手を進んでいると、元荒川には、鴨に混ざって、オオバンがゆったり移動していましたが、突然、1羽が飛び上がり、続いて、2羽目も、続きました。オオバンは、バンもそうですが、指が太くて大きいので、水面を叩くようにして、駆け上がります。
いいシャッターチャンスでした。
市内散策_e0413146_18324624.jpg
オオバンは、川岸の群れのところに移動したのでした。ヒドリガモの群れと合流して、岸辺の草を喰んでいました。鳥の世界に、争いはなし。👍
市内散策_e0413146_18324729.jpg
反対側の岸辺では、コシガヤホシクサという水辺の草が野生では消えてしまったので、保護されていた草の種を蒔いて、野生復帰の実験中でした。
市内散策_e0413146_18324780.jpg
一度、記事掲載しましたが、国内で数か所にしか植生しない幻のキタミソウは、このところ確認に下りることができませんが、まだ生育しているはずで、その説明板です。
市内散策_e0413146_18324700.jpg
水たまりでは、雌雄のコガモが採餌していました。
市内散策_e0413146_19172314.jpg
中央市民会館の玄関前では、(1日早い)成人式の入館待ちで、晴れ姿に出合うことができました。
市内散策_e0413146_18324764.jpg
まだ、続きがあります。明日にでも・・・

by shirakobato2 | 2021-01-10 19:52 | サイクリング
<< 市内散策 続き1 ”ちかさと”に緊急事態宣言発令 >>