人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春の花いろいろ その1

先日来、ハクモクレンコブシをたびたび掲載していますが、いずれも、モクレン科モクレン属の仲間です。学名がMagnolia(マグノリア)で始まります。
なお、タイサンボクやホオノキやオオヤマレンゲも、モクレン属ですね。
 
振興センターには、マグノリアとだけ記されている高木があります。アジア、アメリカ大陸に90種ほどあり、園芸品種も多いと名板に記されていました。
春の花いろいろ その1_e0413146_17073040.jpg
春の花いろいろ その1_e0413146_17044908.jpg
サラサモクレン(更紗木蓮)は、モクレン(=シモクレン(紫木蓮))とハクモクレンの交雑種だそうです。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044904.jpg
シデコブシ(別名:ヒメコブシ)も咲いていました。花被片(萼と花弁)の数が多くて、小高木ゆえ、別名に姫と付けられていますが、美しく可憐な花です。花は、上記のマグノリアに似ています。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044969.jpg
椿は、ここには、た~くさん植えられています。これでも、園内の椿のほんの一部です。手前は、生け垣の見本です。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044918.jpg
一番お気に入りの椿は、この「日の丸」。大輪です。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044984.jpg
これは、日の丸よりもさらに大きい「明石潟」。わが家にもありますが、こんなに大きな花は咲きません。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044986.jpg
生け垣に、その一輪で、まだ、きれいな花が落ちて載っていたので、1枚。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044965.jpg
山頭火の”笠へぽっとり椿だった”を思い出したことでした。
 
椿の季節に来ても、なかなか逢えない椿が、昨日は、きれいに咲いていました。
神奈川・三浦半島で発見されたという「三浦乙女」。
春の花いろいろ その1_e0413146_17044902.jpg
 
今日は、珍しく2回の記事掲載でした。
もう少し、春の花を続けさせていただきます。

by shirakobato2 | 2021-03-21 18:17 | 植物園
<< 春の花いろいろ その2 いつもの遊び場でのお花見 >>