人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スズムシ届く

スズムシ飼育箱(虫かご)と育成マット(土)をAmazonに注文していたところ、昨日、スズムシが先に届いて、今朝、飼育箱が届きました。
スズムシは、成虫が届いて、昨夜は、送られてきた発砲スチロールの箱の中で、鳴いていました。♪♪♪
 
鳴く♂(といっても、翅をこすり合わせて奏でます)
スズムシ届く_e0413146_17461949.jpg
♀(尾部の長いものは産卵管)
ただし、ストロー状ではなく、2枚が重ね合ったもの
スズムシ届く_e0413146_17463637.jpg
終の棲家にたどり着いたところで交尾
スズムシ届く_e0413146_17463600.jpg
今日は、飼育箱の中に育成マットを入れて、(スズムシは日中でも暗いところを好むので、脱皮用の)経木(薄い板材、ふつうは縦に埋めるもの)を切って、隠れ家にしました。
スズムシ届く_e0413146_20094023.jpg
スズムシは、20年来、飼い続けてきて、わが家の風物詩だったのですが、昨年は、卵が孵化しませんでした。卵の残骸はたくさん残っていたので、冬の間の霧吹きでの適度な加湿に失敗したのかもしれません。また、飼ってみることにして6匹求めました。
 
交尾のあとは、♀は2か月近くかけて、長い産卵管を土に差し込みながら、50~150個、産卵します。
♂は、♀に惚れられるように鳴き(♀は気に入らなければ、足蹴り(笑))、疲れて、あとひと月もしないで死んで、死骸は取り除かないと、♀の餌食になります。
 
たぶん温室育ちの成虫がやってきので、鳴き声は長くは聞けないでしょう。
そこで、羽化して間もない成虫を、追加注文することにして、ネットで探し、Yahooのオークションで見つけて、10匹、送料込みで500円也でゲット。👍
 
古いたくさんの飼育箱は、汚くなり、この春、廃棄したところでしたが、蝶の幼虫用にも、同じものをもう1個注文しました。
先日、ツマグロヒョウモンの幼虫を見つけて、メダカ用のプラスティックの水槽に保護しましたが、すぐに、蛹化しました。
3、4日経ちますが。天敵からの防御のつもりか?、10個の突起が、見事な金メダル(左右2列で10個のメダル)です。銀メダルに見える個体もいます。
スズムシ届く_e0413146_20404577.jpg
 
俳句:
 
鈴虫や 早寝の老に 飼はれつつ 後藤夜半
 
ひとり酒 籠の鈴虫 奏でけり 功雪(しらこばと)

by shirakobato2 | 2021-07-21 18:36 | 昆虫
<< うな重 & いろいろ 夏の蘭 >>