人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朝顔「しだれの紅ちどり」

6月中旬に種を蒔いた朝顔「しだれの紅ちどり」が。2か月半も経って、ようやく、開花しました。
しだれるので、吊り鉢5鉢で10数株ほど育てていましたが、昨日初めて咲いて、昨日今日で10個ほど。
たくさん蕾がついていますので、しばらく、楽しめます。
茎は、しだれるのもあり、つかまるところがあれば、上にも伸びたり、お互いに絡み合ったりします。そっと、ほどいて、みな、垂らしながら育てました。
 
極小輪のかわいい花で、これは、白い覆輪(タキイの種)がありますが、覆輪がない花もあります。
1週間ほど早く咲いた、えぷ〇〇さんの花、おみごとですね。👍 覆輪がない種だったみたいですね。花の色もやや濃くて、それぞれ、多少個性があるようです。
朝顔「しだれの紅ちどり」_e0413146_16312818.jpg
下の花をズームアップで・・・
朝顔「しだれの紅ちどり」_e0413146_16314491.jpg
葉は斑入りです。
朝顔「しだれの紅ちどり」_e0413146_16371375.jpg
 
株立の千両がいくつもあって、よく茂っていますが、今年は、みな、実がついています。
昨年は、花は咲けども、実はならずでした。地植えなのに・・・??
朝顔「しだれの紅ちどり」_e0413146_16421514.jpg
万両は、鳥さんの落とし物で、種をばらまかれて、思わぬところで芽生えています。
お隣のコンクリートの隙間で、水遣りしていない苗がみごとに成長しているという、この皮肉。(苦笑)
赤い実と白い実、両方、ありますが、これは、花茎が少し赤みをおびているので、紅く染まるのかな。
朝顔「しだれの紅ちどり」_e0413146_16471059.jpg
鉢植えの百両(カラタチバナ)十両(ヤブコウジ)は、花が咲いたあとの水遣りを怠ったので、実はなりそうにありません。高額の方の実成りがよければ、まっ、いいか。(笑)
 
俳句:
 
朝顔に われ恙(つつが)なき あした哉 正岡子規 あした=朝 朝顔は秋の季語ですね。
朝顔や すでにきのふと なりしこと 鈴木真砂女
身を裂いて 咲く朝顔の ありにけり 能村登四郎

by shirakobato2 | 2021-08-30 17:51 | 園芸
<< チューリップの球根を予約注文 満地球の出 & 案じられる未来 >>