人気ブログランキング | 話題のタグを見る

初秋の花4つ & メダカの卵

4、5日降り続いた雨が、今朝は上がっていたので、また降り出さない中にと、10時頃、筋トレウォーキングに出かけました。
いつもは、夕刻なので、カメラは持ち歩かないのですが、久々、重たいカメラで花壇の花を写してきました。
道路と歩道の境界にある30ブロックほどもの花壇ですが、手入れをしていた人たちが高齢となり、いまは、荒れ放題。生き永らえた花々が咲いているだけ。
 
萎んでいたり、蕾しか観ていなかったのですが、ノアサガオ(野朝顔)がたくさん、咲いていました。
園芸品種のオーシャンブルーとは、葉の形が違うような? ハート型で葉先が尖っていました。品種不詳ということで・・・
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_12461798.jpg
サフランモドキです。タマスダレ(ゼフィランサスは、タマスダレ属の総称、かつ、英名)の仲間です。
原産地(メキシコ、グアテマラ)から移入されたときは、これが、サフランだと思われていたそうです。
なお、サフランは、サフラン・ライスなどを作るときに使う、雌しべを乾燥させた香辛料を指すことが多いですね。
花サフランは、一般には、クロッカス
花弁6枚と雄しべ6本と雌しべひとつのなんとも質素な構造ではありますが、なんとなく色っぽい花姿ではあります。
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_13172750.jpg
マリーゴールドの花も咲いていました。花の名前の由来は、「聖母マリアの黄金の花」だそうです。
マリーゴールドの中でも、フレンチマリーゴールドだと思います。
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_13424764.jpg
オシロイバナは、まだ咲くには、時間が早く、夕方開きます。それと種子の白粉もあって、ユウゲショウ(夕化粧)とも呼ばれますが、野辺に咲くあの小さな花は、アカバナユウゲショウで、紛らわしいですね。
オシロイバナの名前の由来の黒い種子がもうできていました。この中に、白い粉状の胚乳があるのは、皆さんご存知の通り。
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_13524064.jpg
話は変わって・・・
先日、ヤフオクでゲットしたメダカの卵が、昨日、郵便(ゆうパケット)で、無事届きました。
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_14555996.jpg
1mmちょっとの卵の粒を、よくもまあ、上手く掬い集めて、50個以上ありそうです。👍
飼っているメダカもいつも産卵していて、お腹にくっつけて泳いでいます。また、ホテイアオイのひげ根の産卵床に付着したものも見慣れていますが、こんなにもきれいとは、あらためて感心! 小さな真珠のようです。真珠には命はないけれど、これには「命」があります。
カビが生えないように、前もって、専用の薬剤を入れて準備したきれいな水に移しました。
気温とともに、水温も下がっているので、孵化が遅くなりますが、10日ほどで、針子(2mmほどのメダカの稚魚のこと)が泳ぎ出すのを楽しみにしつつ・・・
初秋の花4つ & メダカの卵_e0413146_14560423.jpg
 
名言:
 
ビジネスでは、6か月早くやっていれば良かったということはある。しかし、6か月先延ばしにすれば良かったということはまずない。 ジャック・ウェルチ(米国の実業家、元ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者)

by shirakobato2 | 2021-09-05 15:25 | 趣味全般
<< メダカの孵化 & ウォーキング... オークションでメダカの卵をゲット >>