人気ブログランキング | 話題のタグを見る

重陽の節句 & 頸動脈の超音波検査

今日は、9月9日で重陽(ちょうよう)の節句菊の節句
古来、中国では、奇数の日は縁起のよい陽の日で、の数字の最大の9が重なるので、重陽だそう・・・ 平安時代に、伝わったのだそう・・・
たしかに、1月7日(七草の節句)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、そして、今日の佳き日と、5つの節句は、たしかに、月日ともに奇数ですね。
 
 
昨日は、クリニックで、頸動脈の超音波検査を受けてきました。いっしょに、甲状腺も診てもらって、幸い、異状なし。
動脈硬化は、だれしも?若いときから進行するもののようで、年齢相応なれど、コレストロール、血糖値、高血圧、尿酸値などに要注意と言われてきました。
 
検査装置のディスプレイ側を向かされたときは、観ていましたが、頸動脈の直径は、血管の中では太い7~8mm程度だそうですが、映し出された血管は、たしか5cm以上もの径の鮮明な表示。薄い硬化した箇所がはっきりわかりました。医療機器のすごい進化に、いまさらながらびっくり。👍
頸動脈: 喉の両側にある2本の主要な血管で、それぞれ、途中から2本に分岐して、1本は、脳へ、もう1本は顔へ血液を運んでいます。
 
検査を受けたあと、東武線の駅ビルのショッピング・センターへ。
東武スカイツリーライン武蔵野線の両駅が隣接していて、合わせて、乗り換え客もふくめて乗降客1日15万人以上。かつては、通勤で毎日利用していましたが、当時に比べて、人の多いこと。混雑していました。これでは、コロナ感染が容易に収まるわけはないな~と思ったことでした。
花屋さんには、こんな看板が立っていましたが、菊の花が少な~い。(笑) 菊の花は弔いの花のイメージなのかな。
重陽の節句 & 頸動脈の超音波検査_e0413146_14413340.jpg
重陽の節句 & 頸動脈の超音波検査_e0413146_14440055.jpg
チャリで、傘を差しての片手運転でもあり、花は求めず、食品売り場で、買い物をして帰りました。
 
俳句:
 
草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒 松尾芭蕉 世の人は朝に菊の酒で祝うのに、草庵には、日暮れになって、もらったことよ、ということかな。
人心 しづかに菊の 節句かな 召波
ともどもに 齢(よはひ)かさねて 菊の賀に 木下洛水
菊の酒 あたゝめくれし こゝろざし 星野立子

by shirakobato2 | 2021-09-09 16:23 | 節句・節気
<< アカショウビン メダカの孵化 & ウォーキング... >>