人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヒヨドリ & 日本庭園

2、3日前からヒヨドリの声が聞こえます。当地では、桜が散った頃に、メジロとともに姿を見かけなくなります。そして、仲秋の頃に戻ってきます(メジロは少し寒くなってから)。
日本全体としては留鳥ですが、(夏は涼しい山や北国で過ごし、繁殖して、冬は温かいところへ戻ってくる)漂鳥です。
でも、ひと夏だけ、庭のハナミズキで産卵して、5羽、孵って巣立ったことがあります。
こちらのYouTubeは、北海道・松前・白神岬から青森・竜飛崎へと津軽海峡を渡るヒヨドリの大群(映像:1分)
 
この写真は、市内の日本庭園(花田苑)で、冬の寒い日に、岩の間を流れる清流で、水浴びをしていたのを、昔、撮ったものです。
せっかくなので、ヒヨドリたちには贅沢な庭園の写真もついでに掲載します。
紅葉の見頃には、ぶらりと出かけてみます。
ヒヨドリ & 日本庭園_e0413146_14552079.jpg
ヒヨドリ & 日本庭園_e0413146_14575348.jpg
ヒヨドリ & 日本庭園_e0413146_15004190.jpg
 
俳句:
 
(ひよどり)の こぼし去りぬる 実のあかき 与謝蕪村
 
柿の実の 熟れてひよどり 嬉々として 功雪(しらこばと)
 
またしても、いいねの連発、1分以内に4つ、5つはまだしも、13連発も・・・ お訪ねいただく方々が、どなたかわかるので重宝しているのですが、このようなことをされると、気分はよろしくないので、いいねは、クローズさせていただきます。

by shirakobato2 | 2021-10-05 15:20 | 野鳥
<< 日誌 用水沿いの散歩 >>