人気ブログランキング | 話題のタグを見る

虞美人草 & 珍しい蛾

今日も、洗濯物がよく乾きました。
その一方で、いまは花がわずかになりましたが、緑の葉や芽生えた葉には、水遣りが欠かせません。
 
きわめて小さいもののたとえに「芥子粒」がありますが、そのケシの花が咲く虞美人草(ポピー、ヒナゲシ)が、蒔いて1週間で、こんな小さな双葉の芽が出てきました。
用土の粒は、小粒の鹿沼土などです。
虞美人草 & 珍しい蛾_e0413146_21020830.jpg
また、スミレの葉の中に、ツマグロヒョウモンの幼虫を見つけて保護。いまのところ、5頭。蛹で越冬するかもしれませんが、虫かごに入れています。
 
水撒きをしてから部屋に入ると・・・
デスクトップ・パソコンのディスプレイの下に、こんな虫さんが・・・
多分、セーターにくっついて、上がりこんで、たぶん、ディスプレイの明るさに引かれて、こんなところに・・・
ボタンは小さな電源ボタンで、この蛾の開帳は14mmでした。
虞美人草 & 珍しい蛾_e0413146_20060193.jpg
日本で見られる蝶は、せいぜい200数十種ほどですが、蛾は、わかっているだけでも、6000種以上だそうです。
姿から、トリバガ(鳥羽蛾)ということは分かりましたが(物忘れは得意ですが、興味があるものは別(苦笑))、その中でも、「キンバネチビトリバ」と同定しました??
 
蛾といえども、殺生は好まないので、指からセータに移して、庭に放しました。
 
蝶は好きだけれど、蛾はどうもとおっしゃる方へ・・・
これは、ニシキオオツバメガ(錦大燕蛾)で、世界でもっとも美しい鱗翅類と言われている蛾です。3年前、上野の国立博物館で開催された「昆虫」展で、撮影OKだったので、撮らせてもらった1枚です。
虞美人草 & 珍しい蛾_e0413146_20465438.jpg
蝶と蛾の定義の境は、実は、あいまいなのだそうです。
 
今日の名言:
 
天才とは、蝶を追っていつのまにか山頂に登っている少年である。 ジョン・スタインベック(アメリカの小説家、劇作家)

by shirakobato2 | 2021-11-17 21:12 | 昆虫
<< 白実の万両 & 明日の月食  超音波検査 & コミュニティー... >>