人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クリアーボックスの謎 & タマムシ

先日、息子が来て教えてくれて、長いこと、開(あ)かずの扉ならぬ箱(クリアーボックス)の引き出しが開きました。👍
中には、たいせつなタマムシ(玉虫)と、蝉と蝶の抜け殻が入っていました。
クリアーボックスの謎 & タマムシ_e0413146_16373913.jpg
息子が中学生のころだったか、マジックに夢中になっていて、そのころ求めた「謎のクリアーボックス」(調べると、いまも売っています)でした。
 
のちに譲り受けて、その箱に、タマムシと抜け殻を入れて、本箱の一隅で飾っていました。
 
数年前、開いてみようとしたのですが、開け方をすっかり失念していて、先日、教えてもらったことでした。
 
箱の対角のコーナーに、親指と薬指を当てて、引き出して、「な~んだ、そんなところに取っ手が隠れていたのか」ということで、長い間の疑問が解けたという次第。
クリアーボックスの謎 & タマムシ_e0413146_16394918.jpg
クリアーボックスの謎 & タマムシ_e0413146_16394996.jpg
蝉の抜け殻は公園で採ってきたもので、蝶のは、わが家で羽化したものの名残り。
クリアーボックスの謎 & タマムシ_e0413146_16394902.jpg
そして、このタマムシは、遠~い昔、じーじが小学生のころ、ふるさと九州の藁葺の実家の縁台に飛んできたのをつかまえて、それ以来、たいせつに保管してきたものです。
 
昆虫採集の標本にしたものは、背中に虫ピンを刺して固定していましたが、これは、夏休みの宿題で出さなかったものでしょう。無傷で脚も6本残っています。
背に見えるのは、綿に止めている細紐です。
 
昆虫少年に採集されて以来70年ほどにもなりますが、輝きは失せていません。👍
クリアーボックスの謎 & タマムシ_e0413146_16394991.jpg
かつて、奈良の法隆寺の玉虫厨子(たまむしのずし)は拝観したことがありますが、あちらは、1200年ほども経って、さすがに、色は褪せていたのを覚えています。
 
 
今日の名言:
 
一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ。過去は及ばず、未来は知れず。死んでからのことは宗教にまかせろ。 中村天風(公益財団法人天風会創始者、日本初のヨーガ行者)

by shirakobato2 | 2021-12-11 17:45 | 昆虫
<< 昨日のサイクリング 豆台風 >>