人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お正月

すばらしいお年、それもコロナもたじたじな寅の年をお迎えのことと存じます。
虎のような勢いで駆け抜ける年?、いや、1年は、急がずにゆったりと過ごしましょう。(笑)
本年もよろしくお願い申し上げます。
 
大晦日には、しょうもない紅白歌合戦は、適当に流しながら、おせちといっても、
(いつもはパンを作る)ホームベーカリーでをつき、
茶碗蒸し(鶏もも、銀杏、かまぼこ、しいたけ、添えは三つ葉)、
お雑煮
鯛のカルパッチョ
孫のためのおせち、
そのひとつの寒天(ゼリー)などなど拵えました。
 
参考のレシピは、いまは亡き料理の先生に6年もの間に教わったものばかりです。Many Many 感謝!です。
蒸し器は妻が遺してくれたもの。
器の蓋は撮影時だけ。
お正月_e0413146_19595052.jpg
そして、30日に届いていたおせちも、爺チャリの前かご、後かごいっぱいに積んで、元旦に出向きました。
みな、待っていてくれました。
おせちは、昨年は投資で少々儲かったので👍(笑)、京都の老舗から取り寄せました。やはり、味がやや薄味に拵えられていました。
お正月_e0413146_19132107.jpg
おせちと、息子が用意してくれていた銘酒でほろ酔い。(私だけが酒には強いので、ちょっと酔っただけで)孫と遊びました。
お昼過ぎ、マンションのベランダからは、お天気がよくて、冠雪の富士を遠望できました。
 
孫の初笑い
お正月_e0413146_19132130.jpg
いつものことながら、「じ~じ、まだ遊ぼ」で、不機嫌になりそうなところで、日が沈む前に、「また、来るからね」と言ってバイバイしてきました。
大晦日から2日、疲れました~
 
今日の名言:
 
他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。 作者不詳
イギリスの探検家、ラポックの言葉と、しばしば紹介されていますが、その方の確たる情報はネット上にもないようです。それはともかく、名言です。

by shirakobato2 | 2022-01-02 20:02 | 慶事
<< 初春の桜と蝋梅 おめでとうございます >>