人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昼の雪

昨宵の夕映えの富士とは、打って変わって、朝から曇天で、午前中、庭の寒暖計は3℃を示していましたが、お昼から雪が降り始め、この冬、初めての積雪となりました。
 
和室の障子とガラス窓を開けて撮りました。18時現在、まだ降っています。
千両や南天がお辞儀をしていました。椿もすっかり雪を被っていました。
雪国の人には、”なんのそれしき”でしょうね。こちらでは、積雪は、ひと冬に数えるくらいなんです。
昼の雪_e0413146_17454417.jpg
株式相場も、今日は、冷水ならぬ、冷雪を浴びせられたごとく、いや雪崩のごとく、初春の2日の連騰分を帳消して、なおそれ以上の(日経平均は)840円もの大幅下落。相場の世界も怖いですね。
こちらは、初日にほとんど売っていたので、今日は、ここぞと買い向かいましたとさ。
と言っても(命金(=生活資金などのこと)には手をつけるなの格言を守り)お小遣い稼ぎです。
明日は天気も相場も晴れるはず。(笑)
 
今日の名言:
 
耐雪梅花麗 経霜楓葉丹(雪に耐えて梅花麗しく 霜を経て楓葉(=紅葉)丹(あか)し) 西郷隆盛の漢詩「偶成」の一節
昼の雪_e0413146_18040577.jpg
親しくさせていただいていた近所の(書、篆刻、短刀の刀工ほかいろいろと)多趣味な古老の書です。

by shirakobato2 | 2022-01-06 18:25 | 気象
<< 新型コロナウイルス感染者 小寒 & 春の七草  >>