人気ブログランキング | 話題のタグを見る

梅の蕾

昨日は、寒風の吹く中で、ウォーキング・コースの花壇を整地しました。
今日は、培養土25Lを3袋分、廃土(といっても再利用できる土)の上に被せる予定でした。でも、かなり強い寒風で、風邪を引いてはいけないので中止しました。
 
このところ、風が強い日が多いので、ミニ盆栽などは、植木棚から下ろしていますが、よく観ると、梅の蕾が膨らんでいました。
先日掲載した西郷さんの漢詩のとおり、「耐雪梅花麗」です。当地は雪ではなく、寒風ですが・・・
なお、古老からいただいた短冊(八十九歳のときの書)には、雪は「」と書かれています。雪の新字体が使われるようになったのは、昭和の初めからだそうです。
学び直しは、まずは漢字から始めていますが、奥が深いとあらためて痛感。
初刊本の復刻版を数十冊持っていますが、明治・大正期の本は、もちろん旧字体です。読むのに苦労したのを覚えています。例のひとつ、森 鴎外も森 外です。
 
梅の蕾は、樹高20cmに、今年は70ほどですが、これくらい膨らんでいます。品種は「道知辺」です。
梅の蕾_e0413146_18374850.jpg
梅の蕾_e0413146_18374940.jpg
 
今日の名言:
 
誰でも顔の中に其人の生涯が顕れて見える 田山花袋(作家) 「重右衛門の最後」より

by shirakobato2 | 2022-01-14 19:06 | 園芸
<< いろいろ オミクロン株 & 漢字の勉強 >>