人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スイセンとポピーの発芽・伸長

当地は、冬にしては暖かい晴天の日が続いていて、三が日に、咲いていた鉢植えの河津桜を掲載しましたが、その後も、ぽつりぽつりと咲き続けています。そろそろ、葉桜になりそうです。
7年前に求めたときは、ミニ盆栽でしたが、枝が張るので次第に少し大きめの鉢植えになりました。
例年ならば、2月中旬~3月上旬に咲いていましたが・・・??
写真は昨日、撮影
スイセンとポピーの発芽・伸長_e0413146_14561335.jpg
昨日は、緑道のスイセンを載せましたが、わが家のプランター植えのスイセン(品種:ティタティタ)は、これくらいまで芽が伸びてきたところです。
スイセンとポピーの発芽・伸長_e0413146_14561310.jpg
ポピー(アイスランドポピー、別名:シベリアひなげし)は、芽が出てきたところで、霜にやられてしまいましたが、その後、また同じ種を求めて、居間の日当たりのよいところで、再挑戦?していました。
10日ほど、芽が出なくて、ダメかなと思っていましたが、発芽して、いま、ここまで伸びてきたところです。なにせ、深夜以外、暖房で25℃。(笑)
室内でケシ科の植物を栽培していると、麻薬栽培で取り締まられる? (苦笑)
スイセンとポピーの発芽・伸長_e0413146_15160232.jpg
水遣りは、だれかさんが遺した生花の水盤に、鉢の3分の2まで沈むほど水を入れて、底面給水にしています。とくに、芥子粒ほどと例えられるように種がとても小さいので、ジョウロでは、種が沈み込むからです。
 
(覚書)
1.種は、満遍なく均等に蒔くため、少し湿った川砂と混ぜて、量を多くして蒔く
2.素焼き鉢が、保温効果もあり、発芽率が高い。ビニールポットとプラスチック鉢も同じように並べて試したところ、(薄くて黒い)ビニールポットではほとんど発芽しなかった
 
今日の名言:
 
惜しんでわずかに種を蒔く者は、わずかに刈り取ることしかできない 新約聖書「コリントの信徒への手紙二」第9章より

by shirakobato2 | 2022-01-17 16:20 | 園芸
<< いろいろ 昼時の散歩 >>