人気ブログランキング | 話題のタグを見る

玉華蘭

真夏に咲く蘭、玉華蘭が、猛暑だからか、例年よりも2、3週間早く咲きました。
いまは亡き父から分けてもらって40数年になります。
父は夏蘭と呼んでいました。
絶やしたらいけないので、2鉢に分けていますが、どちらも咲いています。
中国原産で、江戸時代に九州(たぶん、長崎)に渡来したようです。
縁の葉に白い条斑(細い筋)が入っています。
玉華蘭_e0413146_17232345.jpg
玉華蘭_e0413146_17232346.jpg
名言: 今日、花はいっぱい咲いている。が明日咲くつぼみもいっぱいあるか。後藤 清一(元三洋電機副社長)
はい、蕾もまだいっぱいあります。102.png
玉華蘭_e0413146_17232397.jpg
 
一方、紫陽花ですが、真っ青な花は、生花にして、霊前に飾りましたが、真っ白い花はそのままにしていたところ、こんな色になりました。蕾から淡い薄緑色の花になり、真っ白に染まって、ふたたび、緑色。
残っていた5輪を切って、束ねて撮りました。このあと、逆さにして、ドライフラワーになるのを待ちます。少し枯れたところで、スプレイで色を付けてみようかな。
玉華蘭_e0413146_17232381.jpg

by shirakobato2 | 2022-07-31 16:22 | 園芸
<< 葉月、されど・・・ 人生百年と相続 >>